ここのところ

ここのところ流行のFXですが、誰でも初めに手を出すのはためらいがあります。

文字通りに身銭を切ることになるのですから、

そう簡単に試してみるという訳にもいきません。

ただし、世の中便利な物で、バーチャル取引といったいわゆる仮想のFX取引で練習することができるようになっています。

躊躇している場合は、まず、そちらで一回試してみると、

適性がわかるのではないかと思います。

FXの主流は、短期の取引です。 通常、デイトレと呼ばれています。

デイトレの中の「デイ」とは、日本時間でいう0時~24時ではなく、ニューヨーク時間になるのです。要は、世界における金融は、ニューヨークを中心として動いているということなのです。

短期トレードは、価格が急激に変化する危険性が低めになりますが、

その分、大きい利益も得にくくなります。

一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、

それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。

世界的規模で取引が活発なロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間、

本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDP政策金利といった経済指標の値が発表されることで相場に大きな変動が起こることもあり、留意しておく必要があります。

少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか調べておくと良いですね。

FX投資で獲得した利益には課税対象なのでしょうか?FX投資から利益を得ると税制面で、「雑所得」として扱われます。

一年間の雑所得の合計が20万円より少なければ、税金はかかってきません。

でも、合計雑所得が20万円を超える場合には、確定申告の必要があります。

税金を払わないと脱税ということになるので、気に留めておいてください。

 

FXで長期間やりとりしている人ですとロスカットがどれほどトレーダーに対して大事な救済措置かについて感覚的に理解されていると思います。

けれど、そういう人でもFX取引を始めてまもない時は、

ロスカットがいやで徐々に損失が大きくなってきたというようなことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

広告を非表示にする